2017年09月07日

金一族のヤバい思想


北朝鮮への攻撃は第一選択肢ではない。

とトランプ大統領が発言した模様です。

本当に一時的な小康状態ですね。。。

一族の発言を繋ぎ合わせると、

正直対話は望めないなぁと思います。


金日成と金正日の会話


金日成 「いまにも戦争が勃発しそうだが、どうだ、
     
     諸君は自信があるか。敵どもが狂気のように

     核兵器を撃ち込み、わが国を不毛の地にし

      ようとするならばどうするか」


金正日  朝鮮のない地球はありえない。
     
     朝鮮がなくなるなら地球をめちゃめちゃに

     ぶち壊してやる!


という会話が1993年のクリントン政権との一触即発の

際にあったそうです。。。


今のTOP、金正恩は金正日の意思を継いで行動をしています。


部下たちにはアメリカを徹底的に追い詰めて交渉の場へ

引き出せ。ミサイルを打ちまくれ。

アメリカの攻撃の予兆があればワシントン・日本・ソウルへ

先生攻撃を仕掛けろ。。。と

指令をだしているようです。

ワシントンに打てば北朝鮮は焦土化されますと、

部下が言ったそうですが、それでもかまわないと。。。

アメリカへの鉄槌こそが祖国の彼岸であると・・・


発言を文字にするとかなり狂人めいてますね。。。。

女子供・側近や親族まで殺すんですから・・・

大分イカれた狂人が相手だとおもって常日頃から

我々は有事の際にちゃんと逃げれるよう

考えておかなければなりません。。。

戦争がないに越したことはないですけど、

ICBMミサイルはもう準備されているみたいなので

ここ数日で発射されるでしょう。。。。

国連決議は期待できませんが、金正恩の資産凍結・

石油・繊維の輸入出ストップなど最大レベルの経済制裁

を科す模様です。

中国やロシアが否決すればそれでアメリカが攻撃の段取り

をしそうですし、決議が決まれば北朝鮮がまた大きな

行動を起こすでしょう。。。

どう転がっても暗い答えしかないような気がします。

アントニオ猪木がここでなんとかしてくれないですかね(笑)

揺れる北朝鮮 金正恩のゆくえ [ 朴斗鎮 ]



金正恩荒ぶる3代目の正体 (別冊宝島)











posted by sennsouyada2017 at 10:24| Comment(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。